スタッフブログ

  • 最新配信
  • RSS

互換モジュールのメニューに「プリファレンス」をすべて出すプリロード

suin : XOOPS » プリロード 2010/9/30 18:47

Blogger's Avatar

互換モジュールのメニューに「プリファレンス」をすべて出すプリロード

XOOPS Cube Legacyの互換モジュールでは、
以下のプリファレンスがメニューに表示されません。

・禁止用語設定
・検索オプション
・メール設定

XOOPS2のころは、上のプリファレンスもメニューに表示されていたはずなのですが…。

XOOPS2に慣れていると、XOOPS Cube Legacyの「XOOPSコンフィグ」が目に入ってこないものです。

そこで、XOOPS2っぽいメニュー表示をするプリロードを作ってみました。

使い方

こちらからプリロードを入手します。
・Xoops2StyleMenu.class.phpをpreloadフォルダに入れます。
・管理権限でログインするとメニューの表示が変わっています。

Before After

「うまくいってないこと」より「うまくいってること」をかきだそう

Ryuji : その他 2010/9/24 19:20

Blogger's Avatar

あるとき、仕事のカイゼンをしようと思い立って、仕事中に「これ、うまくいってないなぁ」と気がついたことを全部メモに書き出すようにしてみました。
すぐにカイゼンできなくても、後で時間をとって、対策を考えて実施しようと考えたんです。

ところが全然カイゼンがすすまない!

なぜなら、このメモを見返そうとしなかったからです。

で、なんでこのメモを見返そうとしなかったのか?

たぶん1ヶ月以上はこのメモをとってたはずなんですが、「うまくいってないこと」がたまってくると、だんだんこのメモを見返すのがイヤになってきたんですね。

今かんがえてみると、そりゃ見返すのがイヤになりますよね。
なんといっても「うまくいってないこと」が束になってかいてあるわけですから。
しかも、対策を考えるために書き出してたので、

 この「うまくいってないこと」の束を見る=対策を考えなきゃいけない=考えるタスクが増える!

というわけで、結構タスクだらけになって、ストレスを感じてた状況で、更にストレスを感じるモノをふやしちゃったわけです。

そりゃ見返さないし、カイゼンだってすすむわけがない。

で、3週間ぐらい前に急にガクッと気持ちが落ち込んだときに、以前読んだ本を読み返してみたら、このやり方はやっぱいうまくいかなくて、かえって、気持ちを落ち込ませて今できてることさえできなくなる可能性がありそうだと気がつきました。

ちなみに読んだ本はこれです。






一見、全然関連性がなさそうな2冊ですよね(^^;
でも、共通点もありました。

■なぜ、「うまくいってないこと」を書き出すのがうまくいかないのか?
「うまくいってないこと」「できてないこと」に気持ちをフォーカスさせると、気持ちがだんだんと「俺は何ひとつうまくやれてない!」ってマイナスになってきちゃうんですね。

カイゼンしようと思って、書き出したのがマイナスに作用して、「できない俺」って認識を強める方向に働いちゃってました。

今、ふりかえってみると、「うまくいってないこと」メモをとってたころの自分は、けっこうストレスフルだったり、落ち込んだりしてました。


■逆に「うまくいってること」「できてること」を書き出してみると。。
実は、先に紹介した2冊で、どちらにも書かれてたのが、「できてること」「うまくいってること」を書き出してみましょうってアドバイスです。

というわけで、素直に毎朝5つ書き出すようにしてみました
# 実際には、さぼっちゃう日も多いんですが(^^;

「うまくいってること」を書き出すことに何の意味があるんだろ?って思いませんか?
でも、いざ改めて書き出してみると「お、けっこう色々できてるじゃん!」って、気分がよくなります。

この「気分がよくなる」ってのが大事なんだろうなぁって最近思います。

以前の「うまくいってないこと」を書き出してたときは、気分が落ち込みがちで、マイナスオーラいっぱいのブラックホールにエネルギーを吸い取られ続けてる感じで、ちょっと面倒なことがあると、アッというまにフラストレーションがたまってました。

それが「うまくいってること」を書き出すようになってから、書き出したときにプラスエネルギーがちょっと補給されるような感じで、面倒なことに遭遇しても、「とりあえず、ちょっとだけでもやっとくか」って前向きに取り組めるようになりました。

というわけで、「うまくいってること」を毎朝書き出すのはおすすめですよ!

[PHPでサマータイム第1弾] PHP5.2で美しくタイムゾーン一覧を取得する

suin : PHP 2010/9/1 18:09

Blogger's Avatar

PHPでは、DateTimeZoneクラスのlistIdentifiers()メソッドでタイムゾーンの一覧が取得できます。しかし、その中には、非推奨になっているタイムゾーンが含まれています。「サポートされるタイムゾーンのリスト:その他」では、以下のような説明がなされています。

警告

ここに挙げられているタイムゾーン (UTC 以外のもの) は使用しないでください。 これらは過去のバージョンとの互換性のためにのみ残されています。

そこで、非推奨になっているタイムゾーンを取り除いた、タイムゾーン一覧をする関数があったほうが便利です。DateTimeZoneクラスを継承したクラスを作り、listIdentifiers()メソッドをオーバライドして、非推奨のタイムゾーンを取り除くようにしてみました。

そうして作ったクラスがRyus_DateTimeZoneです。Ryus_DateTimeZoneとDateTimeZoneのlistIdentifiers()メソッドを比較してみました。

<?php

require 'Ryus_DateTimeZone.php';


$identifiers     = DateTimeZone::listIdentifiers();
$ryusIdentifiers = Ryus_DateTimeZone::listIdentifiers();

?>
<table>
<tr>
<td><pre>
<?php echo implode('<br />', $identifiers) ?>
</pre>
</td>
<td>
<pre>
<?php echo implode('<br />', $ryusIdentifiers) ?>
</pre>
</td>
</tr>
</table>

すると、結果は以下のようになります。Ryus_DateTimeZoneは、不要なタイムゾーンが削られて厳選された一覧が出ているのがわかります。

DateTimeZone::listIdentifiers() Ryus_DateTimeZone::listIdentifiers()
Africa/Abidjan
Africa/Accra
Africa/Addis_Ababa
Africa/Algiers
Africa/Asmara
Africa/Asmera
Africa/Bamako
Africa/Bangui
Africa/Banjul
Africa/Bissau
Africa/Blantyre
Africa/Brazzaville
Africa/Bujumbura
Africa/Cairo
Africa/Casablanca
Africa/Ceuta
Africa/Conakry
Africa/Dakar
Africa/Dar_es_Salaam
Africa/Djibouti
Africa/Douala
Africa/El_Aaiun
Africa/Freetown
Africa/Gaborone
Africa/Harare
Africa/Johannesburg
Africa/Kampala
Africa/Khartoum
Africa/Kigali
Africa/Kinshasa
Africa/Lagos
Africa/Libreville
Africa/Lome
Africa/Luanda
Africa/Lubumbashi
Africa/Lusaka
Africa/Malabo
Africa/Maputo
Africa/Maseru
Africa/Mbabane
Africa/Mogadishu
Africa/Monrovia
Africa/Nairobi
Africa/Ndjamena
Africa/Niamey
Africa/Nouakchott
Africa/Ouagadougou
Africa/Porto-Novo
Africa/Sao_Tome
Africa/Timbuktu
Africa/Tripoli
Africa/Tunis
Africa/Windhoek
America/Adak
America/Anchorage
America/Anguilla
America/Antigua
America/Araguaina
America/Argentina/Buenos_Aires
America/Argentina/Catamarca
America/Argentina/ComodRivadavia
America/Argentina/Cordoba
America/Argentina/Jujuy
America/Argentina/La_Rioja
America/Argentina/Mendoza
America/Argentina/Rio_Gallegos
America/Argentina/Salta
America/Argentina/San_Juan
America/Argentina/San_Luis
America/Argentina/Tucuman
America/Argentina/Ushuaia
America/Aruba
America/Asuncion
America/Atikokan
America/Atka
America/Bahia
America/Barbados
America/Belem
America/Belize
America/Blanc-Sablon
America/Boa_Vista
America/Bogota
America/Boise
America/Buenos_Aires
America/Cambridge_Bay
America/Campo_Grande
America/Cancun
America/Caracas
America/Catamarca
America/Cayenne
America/Cayman
America/Chicago
America/Chihuahua
America/Coral_Harbour
America/Cordoba
America/Costa_Rica
America/Cuiaba
America/Curacao
America/Danmarkshavn
America/Dawson
America/Dawson_Creek
America/Denver
America/Detroit
America/Dominica
America/Edmonton
America/Eirunepe
America/El_Salvador
America/Ensenada
America/Fort_Wayne
America/Fortaleza
America/Glace_Bay
America/Godthab
America/Goose_Bay
America/Grand_Turk
America/Grenada
America/Guadeloupe
America/Guatemala
America/Guayaquil
America/Guyana
America/Halifax
America/Havana
America/Hermosillo
America/Indiana/Indianapolis
America/Indiana/Knox
America/Indiana/Marengo
America/Indiana/Petersburg
America/Indiana/Tell_City
America/Indiana/Vevay
America/Indiana/Vincennes
America/Indiana/Winamac
America/Indianapolis
America/Inuvik
America/Iqaluit
America/Jamaica
America/Jujuy
America/Juneau
America/Kentucky/Louisville
America/Kentucky/Monticello
America/Knox_IN
America/La_Paz
America/Lima
America/Los_Angeles
America/Louisville
America/Maceio
America/Managua
America/Manaus
America/Marigot
America/Martinique
America/Matamoros
America/Mazatlan
America/Mendoza
America/Menominee
America/Merida
America/Mexico_City
America/Miquelon
America/Moncton
America/Monterrey
America/Montevideo
America/Montreal
America/Montserrat
America/Nassau
America/New_York
America/Nipigon
America/Nome
America/Noronha
America/North_Dakota/Center
America/North_Dakota/New_Salem
America/Ojinaga
America/Panama
America/Pangnirtung
America/Paramaribo
America/Phoenix
America/Port-au-Prince
America/Port_of_Spain
America/Porto_Acre
America/Porto_Velho
America/Puerto_Rico
America/Rainy_River
America/Rankin_Inlet
America/Recife
America/Regina
America/Resolute
America/Rio_Branco
America/Rosario
America/Santa_Isabel
America/Santarem
America/Santiago
America/Santo_Domingo
America/Sao_Paulo
America/Scoresbysund
America/Shiprock
America/St_Barthelemy
America/St_Johns
America/St_Kitts
America/St_Lucia
America/St_Thomas
America/St_Vincent
America/Swift_Current
America/Tegucigalpa
America/Thule
America/Thunder_Bay
America/Tijuana
America/Toronto
America/Tortola
America/Vancouver
America/Virgin
America/Whitehorse
America/Winnipeg
America/Yakutat
America/Yellowknife
Antarctica/Casey
Antarctica/Davis
Antarctica/DumontDUrville
Antarctica/Mawson
Antarctica/McMurdo
Antarctica/Palmer
Antarctica/Rothera
Antarctica/South_Pole
Antarctica/Syowa
Antarctica/Vostok
Arctic/Longyearbyen
Asia/Aden
Asia/Almaty
Asia/Amman
Asia/Anadyr
Asia/Aqtau
Asia/Aqtobe
Asia/Ashgabat
Asia/Ashkhabad
Asia/Baghdad
Asia/Bahrain
Asia/Baku
Asia/Bangkok
Asia/Beirut
Asia/Bishkek
Asia/Brunei
Asia/Calcutta
Asia/Choibalsan
Asia/Chongqing
Asia/Chungking
Asia/Colombo
Asia/Dacca
Asia/Damascus
Asia/Dhaka
Asia/Dili
Asia/Dubai
Asia/Dushanbe
Asia/Gaza
Asia/Harbin
Asia/Ho_Chi_Minh
Asia/Hong_Kong
Asia/Hovd
Asia/Irkutsk
Asia/Istanbul
Asia/Jakarta
Asia/Jayapura
Asia/Jerusalem
Asia/Kabul
Asia/Kamchatka
Asia/Karachi
Asia/Kashgar
Asia/Kathmandu
Asia/Katmandu
Asia/Kolkata
Asia/Krasnoyarsk
Asia/Kuala_Lumpur
Asia/Kuching
Asia/Kuwait
Asia/Macao
Asia/Macau
Asia/Magadan
Asia/Makassar
Asia/Manila
Asia/Muscat
Asia/Nicosia
Asia/Novokuznetsk
Asia/Novosibirsk
Asia/Omsk
Asia/Oral
Asia/Phnom_Penh
Asia/Pontianak
Asia/Pyongyang
Asia/Qatar
Asia/Qyzylorda
Asia/Rangoon
Asia/Riyadh
Asia/Saigon
Asia/Sakhalin
Asia/Samarkand
Asia/Seoul
Asia/Shanghai
Asia/Singapore
Asia/Taipei
Asia/Tashkent
Asia/Tbilisi
Asia/Tehran
Asia/Tel_Aviv
Asia/Thimbu
Asia/Thimphu
Asia/Tokyo
Asia/Ujung_Pandang
Asia/Ulaanbaatar
Asia/Ulan_Bator
Asia/Urumqi
Asia/Vientiane
Asia/Vladivostok
Asia/Yakutsk
Asia/Yekaterinburg
Asia/Yerevan
Atlantic/Azores
Atlantic/Bermuda
Atlantic/Canary
Atlantic/Cape_Verde
Atlantic/Faeroe
Atlantic/Faroe
Atlantic/Jan_Mayen
Atlantic/Madeira
Atlantic/Reykjavik
Atlantic/South_Georgia
Atlantic/St_Helena
Atlantic/Stanley
Australia/ACT
Australia/Adelaide
Australia/Brisbane
Australia/Broken_Hill
Australia/Canberra
Australia/Currie
Australia/Darwin
Australia/Eucla
Australia/Hobart
Australia/LHI
Australia/Lindeman
Australia/Lord_Howe
Australia/Melbourne
Australia/North
Australia/NSW
Australia/Perth
Australia/Queensland
Australia/South
Australia/Sydney
Australia/Tasmania
Australia/Victoria
Australia/West
Australia/Yancowinna
Brazil/Acre
Brazil/DeNoronha
Brazil/East
Brazil/West
Canada/Atlantic
Canada/Central
Canada/East-Saskatchewan
Canada/Eastern
Canada/Mountain
Canada/Newfoundland
Canada/Pacific
Canada/Saskatchewan
Canada/Yukon
CET
Chile/Continental
Chile/EasterIsland
CST6CDT
Cuba
EET
Egypt
Eire
EST
EST5EDT
Etc/GMT
Etc/GMT+0
Etc/GMT+1
Etc/GMT+10
Etc/GMT+11
Etc/GMT+12
Etc/GMT+2
Etc/GMT+3
Etc/GMT+4
Etc/GMT+5
Etc/GMT+6
Etc/GMT+7
Etc/GMT+8
Etc/GMT+9
Etc/GMT-0
Etc/GMT-1
Etc/GMT-10
Etc/GMT-11
Etc/GMT-12
Etc/GMT-13
Etc/GMT-14
Etc/GMT-2
Etc/GMT-3
Etc/GMT-4
Etc/GMT-5
Etc/GMT-6
Etc/GMT-7
Etc/GMT-8
Etc/GMT-9
Etc/GMT0
Etc/Greenwich
Etc/UCT
Etc/Universal
Etc/UTC
Etc/Zulu
Europe/Amsterdam
Europe/Andorra
Europe/Athens
Europe/Belfast
Europe/Belgrade
Europe/Berlin
Europe/Bratislava
Europe/Brussels
Europe/Bucharest
Europe/Budapest
Europe/Chisinau
Europe/Copenhagen
Europe/Dublin
Europe/Gibraltar
Europe/Guernsey
Europe/Helsinki
Europe/Isle_of_Man
Europe/Istanbul
Europe/Jersey
Europe/Kaliningrad
Europe/Kiev
Europe/Lisbon
Europe/Ljubljana
Europe/London
Europe/Luxembourg
Europe/Madrid
Europe/Malta
Europe/Mariehamn
Europe/Minsk
Europe/Monaco
Europe/Moscow
Europe/Nicosia
Europe/Oslo
Europe/Paris
Europe/Podgorica
Europe/Prague
Europe/Riga
Europe/Rome
Europe/Samara
Europe/San_Marino
Europe/Sarajevo
Europe/Simferopol
Europe/Skopje
Europe/Sofia
Europe/Stockholm
Europe/Tallinn
Europe/Tirane
Europe/Tiraspol
Europe/Uzhgorod
Europe/Vaduz
Europe/Vatican
Europe/Vienna
Europe/Vilnius
Europe/Volgograd
Europe/Warsaw
Europe/Zagreb
Europe/Zaporozhye
Europe/Zurich
Factory
GB
GB-Eire
GMT
GMT+0
GMT-0
GMT0
Greenwich
Hongkong
HST
Iceland
Indian/Antananarivo
Indian/Chagos
Indian/Christmas
Indian/Cocos
Indian/Comoro
Indian/Kerguelen
Indian/Mahe
Indian/Maldives
Indian/Mauritius
Indian/Mayotte
Indian/Reunion
Iran
Israel
Jamaica
Japan
Kwajalein
Libya
MET
Mexico/BajaNorte
Mexico/BajaSur
Mexico/General
MST
MST7MDT
Navajo
NZ
NZ-CHAT
Pacific/Apia
Pacific/Auckland
Pacific/Chatham
Pacific/Easter
Pacific/Efate
Pacific/Enderbury
Pacific/Fakaofo
Pacific/Fiji
Pacific/Funafuti
Pacific/Galapagos
Pacific/Gambier
Pacific/Guadalcanal
Pacific/Guam
Pacific/Honolulu
Pacific/Johnston
Pacific/Kiritimati
Pacific/Kosrae
Pacific/Kwajalein
Pacific/Majuro
Pacific/Marquesas
Pacific/Midway
Pacific/Nauru
Pacific/Niue
Pacific/Norfolk
Pacific/Noumea
Pacific/Pago_Pago
Pacific/Palau
Pacific/Pitcairn
Pacific/Ponape
Pacific/Port_Moresby
Pacific/Rarotonga
Pacific/Saipan
Pacific/Samoa
Pacific/Tahiti
Pacific/Tarawa
Pacific/Tongatapu
Pacific/Truk
Pacific/Wake
Pacific/Wallis
Pacific/Yap
Poland
Portugal
PRC
PST8PDT
ROC
ROK
Singapore
Turkey
UCT
Universal
US/Alaska
US/Aleutian
US/Arizona
US/Central
US/East-Indiana
US/Eastern
US/Hawaii
US/Indiana-Starke
US/Michigan
US/Mountain
US/Pacific
US/Pacific-New
US/Samoa
UTC
W-SU
WET
Zulu
Africa/Abidjan
Africa/Accra
Africa/Addis_Ababa
Africa/Algiers
Africa/Asmara
Africa/Asmera
Africa/Bamako
Africa/Bangui
Africa/Banjul
Africa/Bissau
Africa/Blantyre
Africa/Brazzaville
Africa/Bujumbura
Africa/Cairo
Africa/Casablanca
Africa/Ceuta
Africa/Conakry
Africa/Dakar
Africa/Dar_es_Salaam
Africa/Djibouti
Africa/Douala
Africa/El_Aaiun
Africa/Freetown
Africa/Gaborone
Africa/Harare
Africa/Johannesburg
Africa/Kampala
Africa/Khartoum
Africa/Kigali
Africa/Kinshasa
Africa/Lagos
Africa/Libreville
Africa/Lome
Africa/Luanda
Africa/Lubumbashi
Africa/Lusaka
Africa/Malabo
Africa/Maputo
Africa/Maseru
Africa/Mbabane
Africa/Mogadishu
Africa/Monrovia
Africa/Nairobi
Africa/Ndjamena
Africa/Niamey
Africa/Nouakchott
Africa/Ouagadougou
Africa/Porto-Novo
Africa/Sao_Tome
Africa/Timbuktu
Africa/Tripoli
Africa/Tunis
Africa/Windhoek
America/Adak
America/Anchorage
America/Anguilla
America/Antigua
America/Araguaina
America/Argentina/Buenos_Aires
America/Argentina/Catamarca
America/Argentina/ComodRivadavia
America/Argentina/Cordoba
America/Argentina/Jujuy
America/Argentina/La_Rioja
America/Argentina/Mendoza
America/Argentina/Rio_Gallegos
America/Argentina/Salta
America/Argentina/San_Juan
America/Argentina/San_Luis
America/Argentina/Tucuman
America/Argentina/Ushuaia
America/Aruba
America/Asuncion
America/Atikokan
America/Atka
America/Bahia
America/Barbados
America/Belem
America/Belize
America/Blanc-Sablon
America/Boa_Vista
America/Bogota
America/Boise
America/Buenos_Aires
America/Cambridge_Bay
America/Campo_Grande
America/Cancun
America/Caracas
America/Catamarca
America/Cayenne
America/Cayman
America/Chicago
America/Chihuahua
America/Coral_Harbour
America/Cordoba
America/Costa_Rica
America/Cuiaba
America/Curacao
America/Danmarkshavn
America/Dawson
America/Dawson_Creek
America/Denver
America/Detroit
America/Dominica
America/Edmonton
America/Eirunepe
America/El_Salvador
America/Ensenada
America/Fort_Wayne
America/Fortaleza
America/Glace_Bay
America/Godthab
America/Goose_Bay
America/Grand_Turk
America/Grenada
America/Guadeloupe
America/Guatemala
America/Guayaquil
America/Guyana
America/Halifax
America/Havana
America/Hermosillo
America/Indiana/Indianapolis
America/Indiana/Knox
America/Indiana/Marengo
America/Indiana/Petersburg
America/Indiana/Tell_City
America/Indiana/Vevay
America/Indiana/Vincennes
America/Indiana/Winamac
America/Indianapolis
America/Inuvik
America/Iqaluit
America/Jamaica
America/Jujuy
America/Juneau
America/Kentucky/Louisville
America/Kentucky/Monticello
America/Knox_IN
America/La_Paz
America/Lima
America/Los_Angeles
America/Louisville
America/Maceio
America/Managua
America/Manaus
America/Marigot
America/Martinique
America/Matamoros
America/Mazatlan
America/Mendoza
America/Menominee
America/Merida
America/Mexico_City
America/Miquelon
America/Moncton
America/Monterrey
America/Montevideo
America/Montreal
America/Montserrat
America/Nassau
America/New_York
America/Nipigon
America/Nome
America/Noronha
America/North_Dakota/Center
America/North_Dakota/New_Salem
America/Ojinaga
America/Panama
America/Pangnirtung
America/Paramaribo
America/Phoenix
America/Port-au-Prince
America/Port_of_Spain
America/Porto_Acre
America/Porto_Velho
America/Puerto_Rico
America/Rainy_River
America/Rankin_Inlet
America/Recife
America/Regina
America/Resolute
America/Rio_Branco
America/Rosario
America/Santa_Isabel
America/Santarem
America/Santiago
America/Santo_Domingo
America/Sao_Paulo
America/Scoresbysund
America/Shiprock
America/St_Barthelemy
America/St_Johns
America/St_Kitts
America/St_Lucia
America/St_Thomas
America/St_Vincent
America/Swift_Current
America/Tegucigalpa
America/Thule
America/Thunder_Bay
America/Tijuana
America/Toronto
America/Tortola
America/Vancouver
America/Virgin
America/Whitehorse
America/Winnipeg
America/Yakutat
America/Yellowknife
Antarctica/Casey
Antarctica/Davis
Antarctica/DumontDUrville
Antarctica/Mawson
Antarctica/McMurdo
Antarctica/Palmer
Antarctica/Rothera
Antarctica/South_Pole
Antarctica/Syowa
Antarctica/Vostok
Arctic/Longyearbyen
Asia/Aden
Asia/Almaty
Asia/Amman
Asia/Anadyr
Asia/Aqtau
Asia/Aqtobe
Asia/Ashgabat
Asia/Ashkhabad
Asia/Baghdad
Asia/Bahrain
Asia/Baku
Asia/Bangkok
Asia/Beirut
Asia/Bishkek
Asia/Brunei
Asia/Calcutta
Asia/Choibalsan
Asia/Chongqing
Asia/Chungking
Asia/Colombo
Asia/Dacca
Asia/Damascus
Asia/Dhaka
Asia/Dili
Asia/Dubai
Asia/Dushanbe
Asia/Gaza
Asia/Harbin
Asia/Ho_Chi_Minh
Asia/Hong_Kong
Asia/Hovd
Asia/Irkutsk
Asia/Istanbul
Asia/Jakarta
Asia/Jayapura
Asia/Jerusalem
Asia/Kabul
Asia/Kamchatka
Asia/Karachi
Asia/Kashgar
Asia/Kathmandu
Asia/Katmandu
Asia/Kolkata
Asia/Krasnoyarsk
Asia/Kuala_Lumpur
Asia/Kuching
Asia/Kuwait
Asia/Macao
Asia/Macau
Asia/Magadan
Asia/Makassar
Asia/Manila
Asia/Muscat
Asia/Nicosia
Asia/Novokuznetsk
Asia/Novosibirsk
Asia/Omsk
Asia/Oral
Asia/Phnom_Penh
Asia/Pontianak
Asia/Pyongyang
Asia/Qatar
Asia/Qyzylorda
Asia/Rangoon
Asia/Riyadh
Asia/Saigon
Asia/Sakhalin
Asia/Samarkand
Asia/Seoul
Asia/Shanghai
Asia/Singapore
Asia/Taipei
Asia/Tashkent
Asia/Tbilisi
Asia/Tehran
Asia/Tel_Aviv
Asia/Thimbu
Asia/Thimphu
Asia/Tokyo
Asia/Ujung_Pandang
Asia/Ulaanbaatar
Asia/Ulan_Bator
Asia/Urumqi
Asia/Vientiane
Asia/Vladivostok
Asia/Yakutsk
Asia/Yekaterinburg
Asia/Yerevan
Atlantic/Azores
Atlantic/Bermuda
Atlantic/Canary
Atlantic/Cape_Verde
Atlantic/Faeroe
Atlantic/Faroe
Atlantic/Jan_Mayen
Atlantic/Madeira
Atlantic/Reykjavik
Atlantic/South_Georgia
Atlantic/St_Helena
Atlantic/Stanley
Australia/ACT
Australia/Adelaide
Australia/Brisbane
Australia/Broken_Hill
Australia/Canberra
Australia/Currie
Australia/Darwin
Australia/Eucla
Australia/Hobart
Australia/LHI
Australia/Lindeman
Australia/Lord_Howe
Australia/Melbourne
Australia/North
Australia/NSW
Australia/Perth
Australia/Queensland
Australia/South
Australia/Sydney
Australia/Tasmania
Australia/Victoria
Australia/West
Australia/Yancowinna
Europe/Amsterdam
Europe/Andorra
Europe/Athens
Europe/Belfast
Europe/Belgrade
Europe/Berlin
Europe/Bratislava
Europe/Brussels
Europe/Bucharest
Europe/Budapest
Europe/Chisinau
Europe/Copenhagen
Europe/Dublin
Europe/Gibraltar
Europe/Guernsey
Europe/Helsinki
Europe/Isle_of_Man
Europe/Istanbul
Europe/Jersey
Europe/Kaliningrad
Europe/Kiev
Europe/Lisbon
Europe/Ljubljana
Europe/London
Europe/Luxembourg
Europe/Madrid
Europe/Malta
Europe/Mariehamn
Europe/Minsk
Europe/Monaco
Europe/Moscow
Europe/Nicosia
Europe/Oslo
Europe/Paris
Europe/Podgorica
Europe/Prague
Europe/Riga
Europe/Rome
Europe/Samara
Europe/San_Marino
Europe/Sarajevo
Europe/Simferopol
Europe/Skopje
Europe/Sofia
Europe/Stockholm
Europe/Tallinn
Europe/Tirane
Europe/Tiraspol
Europe/Uzhgorod
Europe/Vaduz
Europe/Vatican
Europe/Vienna
Europe/Vilnius
Europe/Volgograd
Europe/Warsaw
Europe/Zagreb
Europe/Zaporozhye
Europe/Zurich
Indian/Antananarivo
Indian/Chagos
Indian/Christmas
Indian/Cocos
Indian/Comoro
Indian/Kerguelen
Indian/Mahe
Indian/Maldives
Indian/Mauritius
Indian/Mayotte
Indian/Reunion
Pacific/Apia
Pacific/Auckland
Pacific/Chatham
Pacific/Easter
Pacific/Efate
Pacific/Enderbury
Pacific/Fakaofo
Pacific/Fiji
Pacific/Funafuti
Pacific/Galapagos
Pacific/Gambier
Pacific/Guadalcanal
Pacific/Guam
Pacific/Honolulu
Pacific/Johnston
Pacific/Kiritimati
Pacific/Kosrae
Pacific/Kwajalein
Pacific/Majuro
Pacific/Marquesas
Pacific/Midway
Pacific/Nauru
Pacific/Niue
Pacific/Norfolk
Pacific/Noumea
Pacific/Pago_Pago
Pacific/Palau
Pacific/Pitcairn
Pacific/Ponape
Pacific/Port_Moresby
Pacific/Rarotonga
Pacific/Saipan
Pacific/Samoa
Pacific/Tahiti
Pacific/Tarawa
Pacific/Tongatapu
Pacific/Truk
Pacific/Wake
Pacific/Wallis
Pacific/Yap
UTC

Ryus_DateTimeZone::listIdentifiers()は、タイムゾーンのバリデーションや、タイムゾーンの選択などに活用できることでしょう。

第9回XOOPS Cubeサタデーラボは「あなたのXOOPS Cubeサイトの課題解決します」

Ryuji : イベント 2010/8/23 18:19

Blogger's Avatar

最近iPad用にBluetoothキーボードを購入した龍司です。
# この話はまた次回にでも書きましょうか

さて、今週末開催予定のXOOPS Cubeサタデーラボですが、これまでと違ってちょっと実験的な勉強会になります。

いつものXOOPS Cubeサタデーラボは、ゲストスピーカーの方数人に発表をしてもらって、それを聞くという、受け身の勉強会です。

今回は特別企画で、参加される皆さんにPCをもってっきてもらい、皆さんのXOOPS Cubeサイトで、
「ここを、○○したいけど、どうすればいい?」
「○○したいんだけど、そういうモジュールとかカスタマイズってある?」
「ここがナゼかレイアウトくずれちゃうんだけど、どうすればいいの?」
など、皆さんのXOOPS Cubeサイトで起きてる、疑問、問題、課題をその場で解決してしまおうという企画になってます。

事前に課題をお聞きしていないので、当日になってどんな課題が飛び出すのか、実は今からドキドキしています。
できれば、個別に「これなら、こうすればいいですよ」というのと同時に、他のXOOPS Cubeサイトで、どんな応用が利くかなんて話もできたらなぁと思っていますが、さてどうなるでしょうか。

毎回XOOPS Cubeサタデーラボでの発表内容は、メルマガ「XOOPSうさぎ通信」にてレポートを送信していますが、もしかしたら今回は「ここだけの話に。。。」という相談が多くなって、「XOOPSうさぎ通信」ではレポートできないかもしれませんが、特別な企画なので、そうなってしまっても、ご容赦いただければと思います。

ブロック管理を表示モジュールでフィルタリングしてみた

hamaco : XOOPS » TIPS小ネタ 2010/8/19 18:22

Blogger's Avatar

こんにちはこんにちは hamacoです。

主にJavaScriptを使ってXOOPSサイトとプチカスタマイズしてみよう の第3回です。
今回はブロック管理をちょこっとカスタマイズしてみようと思います。

XOOPSのブロック管理画面は通常、表示設定がされているブロックが全て一覧で出てくると思いますが、これを表示されるモジュール毎にフィルタリングが出来るようにしてみたいと思います。
あまり使ったことがないのですが、XOOPS2にはそんな感じの機能がデフォルトであるらしいですね。

※今回のはlegacyモジュールや、themes/adminの下を弄ったりする為XCLをアップデートする際注意が必要になるかもしれません。

JavaScriptだけでやるには色々データが足りないので、まずブロック一覧が表示されるページのプログラムを弄ります。

XOOPS_ROOT_PATH/modules/legacy/admin/actions/BlockListAction.class.phpの89行目にある、executeViewIndexアクションを以下のように置き換えます。
function executeViewIndex(&$controller, &$xoopsUser, &$render)
{
	$render->setTemplateName("block_list.html");
	foreach (array_keys($this->mObjects) as $key) {
		$this->mObjects[$key]->loadModule();
		$this->mObjects[$key]->loadColumn();
		$this->mObjects[$key]->loadCachetime();
					$this->mObjects[$key]->loadBmodule();
	}

	//
	// Build active modules list and set.
	//
	$handler =& xoops_gethandler('module');
	$moduleArr[0] =& $handler->create();
	$moduleArr[0]->set('mid', -1);
	$moduleArr[0]->set('name', _AD_LEGACY_LANG_TOPPAGE);
	
	$moduleArr[1] =& $handler->create();
	$moduleArr[1]->set('mid', 0);
	$moduleArr[1]->set('name', _AD_LEGACY_LANG_ALL_MODULES);

	$criteria =& new CriteriaCompo();
	$criteria->add(new Criteria('hasmain', 1));
	$criteria->add(new Criteria('isactive', 1));
	
	$t_Arr =& $handler->getObjects($criteria);
	$moduleArr = array_merge($moduleArr, $t_Arr);
	$render->setAttribute('moduleArr', $moduleArr);
	
	$render->setAttribute("objects", $this->mObjects);
	$render->setAttribute("pageNavi", $this->mFilter->mNavi);
	
	//
	// Load cache-time pattern objects and set.
	//
	$handler =& xoops_gethandler('cachetime');
	$cachetimeArr =& $handler->getObjects();
	$render->setAttribute('cachetimeArr', $cachetimeArr);
	
	$render->setAttribute('actionForm', $this->mActionForm);
}

次に、XOOPS_ROOT_PATH/themes/admin/modules/legacy/block_list.htmlの23行目辺り(formタグの上)に以下のコードを貼り付けます。
<select id='module_filter'>
	<{xoops_optionsArray from=$moduleArr value=mid label=name}>
</select>
<script type="text/javascript" src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.4/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
$("#module_filter").change(function() {
	var mid = new RegExp(" " + $(this).val() + " ");

	$("form table.outer tr").each(function() {
		if ($(this).attr('bmids')) {

			console.log($(this).attr('bmids').match(mid));
			($(this).attr('bmids').match(mid)) ? $(this).show() : $(this).hide();
		}
	});
});
</script>


これで、ブロック管理ページで以下の画像のように表示先のモジュールでフィルタリングができるようになります。
通常状態

picoでフィルタリング

地図ページをつくろう

naoto : XOOPS » TIPS小ネタ 2010/8/6 9:00

Blogger's Avatar

こんにちわ。 なおとです。

今回は、グーグルマップを使った地図を、自分のサイトに貼ろう!という内容です。

結果はこんな感じです。

できあがったページを閲覧したところ

図の中にある、マーカーという用語は後で説明をしますので、覚えていてください。

これは、picoを使った場合です。 基本的にhtmlとjavascriptで実現できるので、Noneモジュールなど使っても同じ感じの表示ができるはずです。

今回はpicoを使う場合で、簡単に説明をします。 picoの基本的な使い方は、うさできの説明などを見てください。

また、Google Maps APIというモノを使うのですが、これも(短い)良い記事がありますので、概要だけでも見ておくと良いでしょう。

ASCII.jp:手軽になった!Google Maps API V3

編集作業の説明

サイト管理者でログインして作業します。 それと、picoの一般設定で「コンテンツ毎のHTMLヘッダを許可する」をはいにします。 つまり、htmlが有効な設定である必要があります。

さっそくコンテンツ編集画面です。

コンテンツ編集画面

このように、ヘッダー部と本文を両方使います。 オプションの設定も、このように全て外すのを基本とします。 HTML特殊文字エスケープ、phpコード、自動改行は必ずOFFにします。

記述内容の説明

htmlの全体をまとめた説明です。

※クリックで拡大

ヘッダー部の内容です。


<meta name="viewport" content="initial-scale=1.0, user-scalable=no" />

<script type="text/javascript" src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.4/jquery.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false"></script>
<script type="text/javascript">

function initializeGMap3() {
  var centerPos = new google.maps.LatLng($('#mapLatitude').text(), $('#mapLongitude').text());
  var zoomLevel = parseInt($('#mapZoomLevel').text());
  var mapOptions = {
    zoom : zoomLevel,
    center : centerPos,
    mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP
  };
  var map = new google.maps.Map(document.getElementById('mapContent'), mapOptions);

  var contentString = $('#mapInfoWindowContent').html();
  var infowindow = new google.maps.InfoWindow({
    content: contentString
  });
  var markerOptions = {
    position : centerPos,
    map : map,
    title : $('#mapMarkerTitle').text()
  };
  var marker = new google.maps.Marker(markerOptions);

  google.maps.event.addListener(marker, 'mouseover', function() {
    infowindow.open(map,marker);
  });
}

$(document).ready(function(){
  initializeGMap3();
});
</script>

<style type="text/css">
#mapContent {width: 100%; height: 450px;}
#mapProps {display: none;}
#mapInfoWindowTitle {font-size: 100%;}
.mapInfoWindowTextBox {width: 70em; margin-bottom: 1em;}
</style>

最後のほう、スタイルシートは、お好みで調整してください。

次に、本文になります。


<div id="mapContent">&nbsp;</div>

<div id="mapProps">
  <h1 id="mapMarkerTitle">株式会社RYUS</h1>
  <p class="geo">
    緯度=<span class="latitude" id="mapLatitude">35.696311</span>
    経度=<span class="longitude" id="mapLongitude">139.773908</span>
    拡大レベル=<span id="mapZoomLevel">18</span>
  </p>
  <div id="mapInfoWindowContent">
    <h2 id="mapInfoWindowTitle">
      <a href="http://ryus.co.jp/">RYUS</a>の場所です!!
    </h2>
    <p class="mapInfoWindowContentText">
      こんにちわ。ここが目的地です。
      <img alt="KSYビル" src="http://ryus.co.jp/ryusimages/s-gaikan_3.jpg" />
    </p>
  </div>
</div>

ここでは、場所の設定、マーカーの文言、情報ウインドウの内容、を編集します。 マーカーとは、地図上に表示される、場所を指し示すオレンジ色のマーク(逆涙滴型)です。 マウスを乗せると設定した文言を表示します。

それに対して、地図にかぶせて表示できる吹きだしのことを、情報ウインドウと言います。 今回はこれも、マーカーにカーソルを合わせると表示するようにしました。 (なお、javascriptを修正するとクリックしたときに表示、という動きにもできます。)

地図に表示したい場所は、あらかじめ緯度と経度を調べておく必要があります。 緯度と経度は、表示したい位置に合わせて変えてください。

図に赤い文字で示したところ、本文htmlの中に場所の設定を書くようにしましたので、注意してください。 ただし、この部分は画面上には表示しません。スタイルシートを使って隠すようにしました。

緯度と経度を調べる方法は、Googleマップでも調べられるのですが、他にも住所から検索で調べられるサイトがありますので、活用すると良いでしょう。

Geocoding - 住所から緯度経度を検索

ここまで駆け足で紹介しましたが、いかがでしょうか。 サンプルのhtmlを用意しましたので、ダウンロードして試してみてください。 コードもそこからコピペして使ってください。

サンプルのhtml(ZIP)

最後に、グーグルの公式の説明資料へのリンクを紹介しておきます。 必要な内容は全て載ってます。ただし英文(記事執筆時点)です。

Google Map Javascript API V3 Tutorial

PHPカスタムブロックの超!賢い作り方

suin : XOOPS » TIPS小ネタ 2010/7/20 10:11

Blogger's Avatar

カスタムブロックって?

XOOPS Cubeでは、ページのサイドに表示するパーツをブロックと言います。ブロックには2種類あります。ひとつは、モジュールブロックです。モジュールブロックは、モジュールに付属するブロックです。例えば、ニュースモジュール(bulletin)のブロックには、ニュースの新着記事を一覧するブロックなどがあります。ニュースの新着記事をトップページに表示する場合に、モジュールブロックは非常に便利です。

もうひとつのブロックは、カスタムブロックです。モジュールブロックと違い、カスタムブロックはサイトオーナーが自由に中身を作り込むことができます。カスタムブロックのよくある使い道は、サイトの紹介・説明をトップページに表示することがあります。弊社のサイトのトップページの「XOOPS Cube のことなら RYUS にお任せください。」もカスタムブロックを使って表示されています。

PHPカスタムブロックは高度なブロックが作れる!

カスタムブロックは、普通のテキスト、HTML、PHPなどで書くことができます。この中でも、PHPを使うと更に高度なカスタムブロックを作ることが可能です。なぜ、PHPかというと、カスタムブロックの中身を動的に変えることができるからです。これはどういうことかというと、例えば、見ているユーザや、時間帯など様々な「条件」によって表示をかえることが可能だからです。

PHPカスタムブロックを作るときに困ること

PHPカスタムブロックは、高度がことができる反面、作るのが面倒という一面があります。それは、PHPがプログラミング言語のため、ちょっとでも文法を間違ようものなら「XOOPS Cubeの画面が真っ白!」という惨事を引き起こしかねません。画面が真っ白になって何が困るかというと、管理画面に行こうとしても画面が真っ白で管理画面へのリンクが出なくなるのです。こうなると管理画面に行けなくないり*1、カスタムブロックの修正ができなくなります。

画面真っ白ほどでもないですが、もうひとつ困ることとして、作りにくさにあります。PHPでちょっと複雑なプログラムを書くには、XOOPSの管理画面ではあまりにも不便なのです。タブによるインデントがつけにくいし、バグを洗い出すのも大変です。エラーが起きても、エラーメッセージが表示されません。そこで、このエントリでは、PHPカスタムブロックのうまい作り方を説明します。

危ない!普通の作り方

先にPHPカスタムブロックの普通の作り方を説明しておきます。これは、画面が真っ白になってしまうかもしれない、リスクのある作り方でもあります。

1. 管理者アカウントでログイン
2. 互換モジュールでの手順:「管理メニュー」→「互換モジュール」→「ブロックのインストール」→「カスタムブロック追加」
    ALTSYSモジュールでの手順:「管理メニュー」→「ALTSYS」→「カスタムブロック」→「(新規)」
3. 互換モジュール:「タイトル」「コンテンツ」を入力し、「タイプ」を「PHPスクリプト」に設定し、「送信」
    ALTSYS:「タイトル」「コンテンツ」*2を入力し、「カスタムブロックの種類」を「カスタム(PHP eval())」に設定し、「送信」

この方法では、「送信」した瞬間、トップページが真っ白なんてことも起こりかねません…。それに、作り込むのもえらく大変です。

安全に楽に!賢い作り方

賢い作り方は、画面真っ白リスクを最小限にして、作り易い方法で作っていきます。基本的な作り方は、「普通の作り方」と同じですが、賢い作り方は最初が違います。今日の日付を表示するカスタムブロックを作るのを例にとって説明していきましょう。

  1. まず、mainfile.phpがあるフォルダに「blocks」というフォルダを作ります。
  2. 次に、「blocks」フォルダの中に、PHPファイルを作ります。今回は、「today_date.php」という名前にします。
  3. そして、「today_date.php」をエディターで開き、最初に以下のコードを書きます。2行目のプログラムがうじゃうじゃ書いてあるのはおまじないだと思ってください。
    
    <?php
    if ( !defined('XOOPS_ROOT_PATH') ) require dirname(dirname(__FILE__)).'/mainfile.php'; // おまじない
    
    // ここにやりたい命令文を書く
    
    ?>
    
    
  4. 最後に、「// ここにやりたい命令文を書く」のところに、以下のコードを追加して、今日の日付を表示するプログラムを組み込みます。
    
    echo "今日は、".date('Y/m/d')."です。";
    
    
    追加すると全体は以下のようになっているはずです。
    
    <?php
    if ( !defined('XOOPS_ROOT_PATH') ) require dirname(dirname(__FILE__)).'/mainfile.php';
    
    echo "今日は、".date('Y/m/d')."です。";
    
    ?>
    
    

これで、実際に動くかテストすることにしますが、このコードをカスタムブロックにそのままコピーするわけではありません!それでは、危ない普通の作り方と同じになってしまうからです。賢い作り方では、まずブロック単体でのテストをします。先ほど、today_date.phpは/blocksの下に作りました。つまり、http://あなたのXOOPS/blocks/today_date.phpにアクセスすれば動作確認できるのです。実際にアクセスしてみて、思った通りの表示になっていることを確認します。そして、表示に問題がなくエラーも出ていなければ、管理メニューに行ってカスタムブロックを作るページを開きます。

ここでも、上のコードをカスタムブロックにそのままコピーするわけではありません!せっかく、ファイルになっているので、それをロードする(読み込む)コードだけを書いて、カスタムブロックの「コンテンツ」をすっきりさせてしまいましょう!そのために以下のコードをコピーして、カスタムブロックの「コンテンツ」にそのまま貼りつけます。「作ったファイル名」の部分は、適宜書き換えてください。うまく張り付けられたら、「送信」します。すると、うまくカスタムブロックが表示されているはずです。


$file = 'today_date.php'; // 作ったファイル名

// 以下おまじない

$path = XOOPS_ROOT_PATH.'/blocks/'.$file; // ファイルの場所を特定

if ( file_exists($path) ) require $path; // ファイルが存在すれば読み込む

実は、ファイルでカスタムブロックを作っておいたのは、他にも意味があります。それは、カスタムブロックの表示や動作を変更する日が来るのに備えて、編集しやすい形にしておくということです。もし、コードが管理画面のフォームに書かれていると、コードの見通しがよくなく編集しにくくなります。しかし、ファイルになっていれば、エディターで広い画面でコードを修正できます。便利ですよね。もし、PHPでカスタムブロックを作ることがあれば、ぜひ賢い方法をお試しください。

*1 もし万が一真っ白になって管理画面へのリンクが無くなってもご心配なく。http://url_to_your_xoops/admin.phpなどのURLを直接たたけば、管理画面に行くことは可能です。
*2 「コンテンツ」はFckEditorを使っている場合は、「ソース」をクリックのあとコンテンツを入力。

XOOPSのブロックの位置をJavaScriptで弄れるようにする(未完成)

hamaco : XOOPS » TIPS小ネタ 2010/7/19 21:55

Blogger's Avatar

こんにちは hamacoです。

今回も前回同様JavaScriptでXOOPSサイトをプチカスタマイズしてみよう。
ということで、ブロックの位置をJavaScriptでグラフィカルに弄れるようにしてみようと思います。



・今回のもhd_defaultテーマでテストしていますが、hd_defaultのHTMLの構造上中央-中央のブロックの位置を弄ることができません。
・他のテーマについても同様にHTMLの構造によってはコードを一部弄って対応できたりできなかったりします。
・今回のは色々と未完成な部分があります。なので、何が起きても問題ないサイトでテストしてみることをとてもお勧めします。


やり方ですが、まずtheme.htmlを開きブロックを表示している部分を以下のように変更します。
<div class="CenterLblock" id="centerr<{$smarty.foreach.crloop.iteration}>" blockid=<{$block.id}>>

<div class="CenterRblock" id="centerr<{$smarty.foreach.crloop.iteration}>" blockid=<{$block.id}>>

<div class="LeftBlock" id="lblock<{$smarty.foreach.lbloop.iteration}>" blockid="<{$block.id}>">

<div class="RightBlock" id="rblock<{$smarty.foreach.rbloop.iteration}>" blockid="<{$block.id}>">
まあ、全てblockid="<{$block.id}>"を付けただけですね。

次にブロックの管理->カスタムブロックの追加から以下の内容のブロックを追加します。
この時にタイプをHTMLタグに、表示可能なのを管理者に設定しておきます。
<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1/jquery.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1/jquery-ui.min.js" type="text/javascript"></script>
<script type="text/javascript">
$(function() {
	var Config = {
		columns: [
			{ id: 0, name: '#LeftColumn' },
			{ id: 1, name: '#RightColumn' },
			{ id: 3, name: '#CenterLColumn' },
			{ id: 4, name: '' },
			{ id: 5, name: '#CenterRColumn' }
		]
	};

	var state = 0, $iframe;
	$("#ryusEditMenu").click(function() {
		if (state === 0) {
			$(Config.columns).each(function() {
				if (this.name) $(this.name).addClass("connectedSortable").sortable({
					connectWith: '.connectedSortable'
				});
			});

			$iframe = $('<iframe src="{X_SITEURL}/modules/legacy/admin/index.php?action=BlockList"></iframe>').appendTo('body').css('display', 'none');

			$(this).val('ブロック変更登録');
			state = 1;
		} else {
			$iframe.contents().find('input[name^=weight]').each(function() {
				var ret = $(this).attr('name').match(/\d+/);
				$(this).parent().parent().attr('blockid', ret);
			});

			$(Config.columns).each(function() {
				var sideid = this.id;
				if (this.name) $(this.name).find("> div").each(function(i) {
					var blockid = $(this).attr('blockid');
					var tr = $iframe.contents().find('tr[blockid='+blockid+']');
					tr.find('input[name^=weight]').attr('value', i);
					tr.find('input[name^=side][value='+sideid+']').attr('checked', 'checked');
				});
			});
			$iframe.contents().find('form').get(1).submit();

			$(this).val('ブロック変更開始');
			state = 0;
		}
	});
});
</script>
<input type="button" id="ryusEditMenu" value="ブロック変更開始" />
これで、表画面に行くと「ブロック変更開始」といったボタンがあるはずなので、それを押すとブロックのタイトルをドラッグアンドドロップで移動できるようになります。
好きな位置にブロックを移動した後に「ブロック変更登録」ボタンを押せばブロックの位置がその場所で登録されます。


※まだそのページ内でしかブロックの表示順をチェックしていない為、ブロックを表示するページを色々弄っている状態だと編集したページ以外でブロックの位置がずれる可能性があります。



超重要事項


ちなみに今週の土曜日 7月24日はXOOPS Cubeサタデーラボの開催日です。
もし、時間の都合がつくようでしたら是非参加して下さい。

第8回XOOPS Cubeサタデーラボ開催

HD1.04を使って、XOOPSバージョンアップ

naoto : XOOPS » 総合的な情報 2010/7/12 8:50

Blogger's Avatar

こんにちわ。なおとです。

このブログの1つ前の記事で、新しいバージョンが出るかもしれない、という話題がありました。 そこで、新しいバージョンが出た場合に備えて、アップデートする方法を今から勉強しておきたいと思います。

HDをアップデートする - うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪

この記事は、HDからHDへのバージョンアップを、図を交えて説明しています。 やや古いバージョンを元にした記事ですが、基本的な手順と考え方は変わりません。 まずこれを読んでおいてください。

これだけではちょっと、という方のために、せっかくなので別のケースを扱ってみたいと思います。

話の前提として、次のようなケースを想定します。

  • ホダ塾ディストリビューションの現時点の最新版である、「HD1.04」を使ったサイト
  • テンプレートとテーマはある程度カスタマイズがしてあり、モジュールやプリロードを追加したりもしている
  • 基本の4モジュール(※)については、プログラム・レベルでの変更をしていない(テンプレートのカスタマイズやブロックの追加は問題ない)

もちろん、ほとんど弄っていないよーと言う場合でもOKです。

※基本の4モジュール
XOOPS Cube Legacyの基幹部分を担うモジュールで、今回のアップデートの対象。

  • 標準キャッシュモジュール (stdCache)
  • 互換レンダーシステム (legacyRender)
  • ユーザーモジュール (user)
  • 互換モジュール (legacy)

実は、HD1.04には、「XOOPS Cube Legacy 2.1.7」を含んでいます。 というより、XOOPS Cube Legacyに複数のモジュールをバンドルしたり、独自の調整を加えたのが、ホダ塾ディストリビューションいわゆるHDなのです。

ところが、XOOPS Cube Legacy(XCL)の最新版は2.1.8です。 そして、2.1.9が今度出るかもしれません。

そこで今回は、HD1.04の中のXCLを、2.1.8にアップデートしてみようと思います。 この手順ができれば、次に2.1.9が出たとしても、同じように作業すればおそらくOKだろう、という風に考えられます。

作業のはじめはバックアップです。 ここで詳しく説明すると長くなりますので、なんとかバックアップはできたこととします。

さて必要なファイルをダウンロードしましょう。

http://sourceforge.net/projects/hodajuku/files/

update_Package_Legacy_2_1_7_to_2_1_8.zip

が今回使うものです。

このZIP形式の圧縮ファイルを展開すると、3つのフォルダが現れます。

217to218/docs/
これにはXCL2.1.8のインストール手引などが入っています。 しかし残念ながら、アップデートについての説明はありません。

217to218/html/
これが今回、実際に必要な部分が含まれるフォルダです。 さらに中をみると、複数のフォルダに分れています。

class
include
install
kernel
language
modules
themes

それなりにありますが、さらに詳細は省きます。

戻ってはじめの3フォルダのうち残りのひとつは、extrasです。

もしサイトの言語設定を「ja_utf8」にしている場合、この中にも必要な部分があります。

217to218/extras/extra_languages/ja_utf8/html/

この「html」は、上で見たhtml(217to218/html/)と同じ階層であることに注意してください。
そしてこれらを、XOOPSの公開側フォルダ(XOOPS_ROOT_PATH)に上書きするのです。

FTPクライアントを使ってアップロードする方法は、はじめに示したリンク先「HDをアップデートする」で説明しています。

今回はコマンドラインを使って上書きコピーをする例を、参考までにご覧ください。

update_Package_Legacy_2_1_7_to_2_1_8.zipを~/tmp/に展開し、 /var/www/htmlがXOOPSの公開側フォルダで、そこに上書きコピーする場合です。

$ cd ~/tmp
$ unzip update_Package_Legacy_2_1_7_to_2_1_8.zip
$ cd /var/www/html
$ cp -r ~/tmp/217to218/html/* .
$ cp -r ~/tmp/217to218/extras/extra_languages/ja_utf8/html/* .

このあと管理者でログインして、管理者メニューで「モジュールのアップデート」をしたいところですが、その前にちょっとやっておきたいことがあります。
カスタマイズしたテンプレートを活かす方法です。

管理者メニューから、「ALTSYS」⇒「テンプレート管理」と辿ってください。

テンプレート操作対象モジュール : ALTSYS (0.71)
という画面が表示されていると思います。 一覧がありますが、その左下に、

新規にテンプレートセットを作成する: という部分があります。
ここでベースは「default」、セット名は「site_template」(好きな名前で構いません)にして、「新規作成」ボタンを押してください。

すると、「DB-site_template」という新たな「テンプレート・セット」ができます。

そのあとで、「DB-default」のうちカスタマイズしたもの(緑色で表示されます)を、DB-site_templateにコピーします。

ごく簡単に説明すると、チェックボックスをチェック付けて、行先(一番下の行)を選んで、コピー実行ボタンを押す、です。

これを、カスタマイズしたテンプレート全てについて行います。
同じモジュール内であれば、まとめてチェックを付けてできます。 これをインストール済のモジュールひとつづつ確認しながらやってしまいます。 モジュールの選択は画面の上のほうに並んでいるので、名前を見て順に進めましょう。

そしてその後、互換モジュールの全般設定にある、「デフォルトのテンプレート・セット」でいま作ったテンプレート・セットを選んで、送信します。

ここまでできてはじめて、モジュールのアップデートができる準備ができました。 4モジュールのアップデートを行ってください。

こうすると、カスタマイズしたテンプレートを維持したまま、バージョンアップができます。
長くなりましたが、 以上で説明は終わります。

データベースへの持続的接続を有効にしている場合の不具合

 : XOOPS » TIPS小ネタ 2010/7/2 17:09

Blogger's Avatar

蒸し暑い季節で薄着になったものの、冷房の効いた場所では寒さに耐えれず結局長袖を着ているgusagiです
今回は、当社が運営しているうさぎにもできるXOOPS Cube入門♪のフォーラムに書かれていたXOOPS Cube Legacy2.1(XCL2.1)の不具合について書きたいと思います。

元の投稿はこちらで、インストール時に「データベースへ持続的接続」を「はい」としてインストールしていた場合、XCL2.1のバージョンが2.1.7か2.1.8(ホダ塾ディストリビューションなら1.0.4)だとデータベースの接続に失敗します。
原因はXCL2.1本体のバグで、バージョン2.1.7で取り込まれた修正内容に問題があり、持続的接続が有効な場合にエラーとなるようです。

個人的には、今回の不具合修正などを行ったバージョン2.1.9がリリースされるのではないかと思いますが、取り急ぎとしては次のふたつの対応方法があります。

データベースへの持続的接続をやめる


何らかの理由で持続的接続をせざるを得ない方を除いては、こちらの方法をおすすめします。
作業としては、mainfile.phpに
define('XOOPS_DB_PCONNECT', 1);
という行がありますので、10に変更するだけです。

プログラムを修正する


何らかの理由で持続的接続にせざるを得ない場合は、プログラムを自分で修正するしかありません
html/class/database/mysqldatabase.php の84行目
$this->conn = @mysql_pconnect(XOOPS_DB_HOST, XOOPS_DB_USER, XOOPS_DB_PASS, false, MYSQL_CLIENT_FOUND_ROWS);
$this->conn = @mysql_pconnect(XOOPS_DB_HOST, XOOPS_DB_USER, XOOPS_DB_PASS, MYSQL_CLIENT_FOUND_ROWS);
に修正します。

XCL本体が修正されるまでの暫定的な対応になると思いますが、参考になれば何よりです

スタッフブログ最新

株式会社RYUSコーポレートサイト

NetCommons

RYUS blog

LAMP

40代からのロードバイク

帰ってきた龍司流

カテゴリ一覧

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目3番3号 G1ビル7階
お問い合わせ TEL 03-3524-8860 FAX 020-4662-1482

Copyright(c) 2012 RYUS.All Rights Reserved.